◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
起業の本ドットネット
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
こちらも必見♪

決定版!「ベンチャー起業」実戦教本

『ベンチャー起業される方、必読の書!』
前半は、事業計画書や会社戦略について書かれており、他の戦略系の本とあまり変わりがないといった印象でした。
(大前先生が原点なのかもしれないが・・・。)

しかし、後半では、持ち株やストックオプションについて書かれており、この章を読むだけでも、
元を取れたといっても過言ではありません。株の譲渡などによる比率の変更は、一度行われると、
2度と元には戻せないので、よほど慎重にやらなければならないと強く感じました。

また、上場前の株価も一度上げると2度と下げることはできないので、こちらも慎重に計画性を持って
行わなければならないと痛感しました。

自分としては、上場すると株主からのプレッシャーなどで自由がなくなるので、M&Aの方が向いていると思いました。
次回は、M&Aに関して、特に記述して頂きたいと思います。

戻る

こっちも面白い♪
TOP

(C)起業の本ドットネット